So-net無料ブログ作成
メディア ブログトップ

豊英秋先生 瑞宝双光章受賞おめでとうございます。 [メディア]

演奏会で 客演していただいた、元宮内庁首席楽長 豊 英秋先生が瑞宝双光章を受賞されました。

6SK_7551.JPG

読売新聞の11月3日の記事はもう削除されてしまったので、引用させてもらいます。

==========================================
◇瑞宝双光章◇

 元宮内庁首席楽長 豊(ぶんの) 英秋さん 70(小平市)

 皇室や国賓のために雅楽を奏でる宮内庁楽部の楽師を40年以上務めた。受章の知らせに、「長く雅楽に向き合って生きてきたと思え、感慨深い」と語る。

 雅楽を伝える「楽家」の44代目として生まれた。12歳で楽部に入り、修業を積み、17本の竹で和音を奏でる管楽器「笙しょう」の技を継承。子どもの頃は祖父の厳しい特訓が嫌でたまらなかったというが、「年を重ねると、雅楽を下支えする笙の魅力をより深く理解できるようになった」と振り返る。

 楽部時代で印象に残っているのは、酔っぱらいを演じる舞で観客を笑わせた時のこと。皇族も見つめる緊張した雰囲気の中、1人が噴き出し、笑いの輪が広がった。後に皇后さまから「あの時の舞はもうおやりにならないのですか」と声を掛けられたことは最高の思い出だ。

 5年前に楽部を引退後も、国内外の演奏会に参加している。楽師になった次男に指南することもあり、「演奏をやめるときが本当の引退。可能な限り現役でいたい」と意気軒高だ。

2014年11月03日 Copyright ? The Yomiuri Shimbun
=============================================

まさに一番印象に残っていることが今回の演奏会で客演された、「胡徳楽」のことですね。

毎日新聞の人欄に会長が載りました [メディア]

ちょっと前の 2010年06月08日の毎日新聞に会長が 載りました。

ひと:東儀俊美さん=復元した雅楽の幻の舞を演じる
◇東儀俊美(とうぎ・としはる)さん(80)

毎日jp

===========================================

中国の唐時代につくられた雅楽の幻の舞「採桑老(さいそうろう)」を07年に復元した。本来は長寿を祝うはずが、「舞うと数年で死ぬ」と伝えられ、 江戸時代に途絶えたいわく付きの舞楽だ。10日に開く演奏会(東京都品川区・きゅりあん大ホール)で、自ら披露する。「装束と面は宮内庁楽部に残っている が、舞った記録はないので、古い資料にあたって構成した。ぜひ後輩に受け継いでもらいたい」。柔和な顔に情熱をにじませる。

笙(しょう)や篳篥(ひちりき)を奏でて舞う雅楽は、千数百年前に中国などから伝わったとされる。その歴史を担う「楽家(がっけ)」に生まれた。 小学4年の時、父親が亡くなり、「心ならずも」同じ道に入った。11歳から宮内庁楽部で7年間学ぶ。専門は篳篥と琴。雅楽には西洋音楽のような楽譜はな い。あるのは難解な片仮名の譜面だけだ。「節は先生に教えてもらうしかない。習っても家に帰ると忘れる。そしてまた習うの繰り返し。5、6年やって何とな くわかってきた」

昭和天皇のご大喪(89年)の際には、皇居・御文庫でモーニングを着て篳篥を吹いた。「洋装での演奏は史上初めてだと思います」。現役時代の忘れ られない思い出だ。

退官後は、雅楽を演奏する民間団体「雅楽道友会」の活動に携わり、後進の指導にあたる。「演奏していないと生きている気がしない。いくつになって も装束を着て舞台に立ちたい」。代々雅楽にささげてきた伝統の血が騒ぐ。<文・真鍋光之、写真・小林努>

===========================================

■人物略歴

東京都出身。94年宮内庁楽部首席楽長、96年退官。演奏会の問い合わせは雅楽道友会(03・3783・2371)。
メディア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。